By | March 8, 2022

バンジージャンプは、気の弱い人にはお勧めできないスポーツです。 多くの人が率先して試してみますが、ほとんどの人はジャンプの直前に戻ってしまうことに驚かれるかもしれません。 重力があなたに逆らって働く本当に高い場所からの自由落下は、ほとんどの人が彼らの最悪の悪夢であると考えるシナリオの1つです。 しかし、その最初のジャンプをするのに十分な恐怖を克服することができれば、バンジージャンプはあなたが遭遇する可能性のある最もアドレナリンを高めるエクストリームスポーツの1つであることがわかります。 アドレナリンのそのラッシュを味わうと、多くの人がそうするように、あなたは自分自身がより多くのために戻ってくることに気付くでしょう。

あなたのほとんどは概念に精通しているかもしれませんが、それでもここにハイライトがあります。 最初に、長くて非常に強くて伸縮性のあるコードがジャンパーの足首の周りに結ばれ、ジャンパーの足首はジャンプポイントから飛び降ります。 自由に落下している間、コードは最大伸縮能力に達し、ジャンパーを元に戻し、再び落下します。 このプロセスは、ジャンパーがバウンドを停止して空中でぶら下がるまで続きます。 上下にバウンドするのは不快に思えるかもしれませんが、それは本当に爽快です。

バンジージャンプにはスキルや経験は必要ありません。 降りる途中で頭を下げて叫んで、楽しい時間を過ごしてください。 バンジージャンプは危険なようですが、さまざまな種類のエクストリームスポーツの中で事故の数が最も少ないです。 ほとんどの人は2つのことに不安を感じています。 まず、ロープがそれらにスナップする可能性があります。 安全を確保するために、すべての市販のバンジージャンプコードは厳密に品質テストされているため、これはほとんどありません。 第二に、彼らは後ろに振り返り、後ろの壁にぶつかる可能性があります。 バンジージャンプのプラットフォームを崖から遠ざけることによるバンジージャンプのオペレーターは、すでにこの確率に対処しています。 ただし、専門家の助けを借りていない場合は、細心の注意を払い、崖から離れる必要があります。

バンジージャンプは、あらゆる予防策を講じているにもかかわらず、リスクがないわけではありません。 機器が故障する可能性は低いですが、実際の秋には、うまくいかないことがたくさんあります。 リンバーが少ない人は、最初の転倒後に発生する連続的なけいれんのために、簡単に筋肉を引っ張ったり、何かを脱臼したりする可能性があります。 バンジージャンプ中の眼の怪我の多くの例も報告されています。

世界中にバンジージャンプができる場所がたくさんあります。 数百フィート以上の高さを与える峡谷、橋、またはダムを見つけることができるところならどこでも、バンジージャンププラットフォームを見つけることができます。 ケアンズのバンジータワー、スイスのヴェルザスカダム、そして最も高いものである中国のマカオタワーは、世界で最も有名なバンジージャンプポイントの一部です。 これらの場所で機器を装着し、フォームを完成させるための専門的かつ商業的な支援が提供されます。

その性質上、バンジージャンプは競争の機会をあまり提供しませんが、スポーツ内にはいくつかの競争を提供する領域がいくつかあり、アクロバットもその1つです。 バンジージャンパーが空中で引き離すことができる動きに基づいて判断することは、いくつかの専門的な競技会の核となる実体です。

バンジージャンプは、考えただけでアドレナリンのポンピングを開始します。 あなたが新しくてエキサイティングなエクストリームスポーツに参加するのが大好きな人の一人なら、それは間違いなくあなたのお茶になるでしょう。