By | April 24, 2022

事実、危険な気象条件により、樹木が倒れ、非常に危険な状況が発生する可能性があります。 このため、風の強い嵐で倒れる前に、保存できない倒木や住宅地の近くにある枯れ木を取り除く必要があります。 毎年、かなりの数の木が家、自動車、建物、構造物、送電線などに倒れています。倒れて財産を傷つけた木の不幸な発生に直面する多くの住宅所有者は、必死で何をすべきかを知りません。 彼らは思う、うーん…

  • これは私の保険会社によってカバーされていますか?
  • これは私の隣人の木ですか、それとも私自身の木ですか?
  • 私の木が隣人の庭に落ちた場合、私はその損害に対して責任を負いますか?
  • 自分の財産への損害はどうですか?私は補償されますか?
  • 私の家に落ちた大きな木を取り除くために、地元の木のサービスをすぐに利用できますか?
  • 全体を屋根に固定するのにどれくらい時間がかかりますか?
  • 誰が私の屋根に全体を固定する責任があり、誰の費用がかかりますか?

これらはすべて、緊急事態の際に発生する非常に優れた一般的な質問です。 ほとんどの場合、緊急樹木の除去の請求書を作成する責任があるのは保険会社です。 つまり、木が家、小屋、柵、車などの構造物に落ちた場合です。 これは通常、住宅所有者が保険会社に助けを求める必要がある場合です。 保険会社は、住宅所有者に提供する地元の樹木会社のベンダーリストを優先しています。 家の所有者は、仕事を実行するための無料見積もりを取得するために電話します。 家に木が倒れた場合、保険会社が住宅所有者に、樹木サービスの検索を含む修理のすべての側面を担当するゼネコンを提供する場合があります。 場合によっては、HOAに家がある場合は、協会の代表者が状況を処理します。 ほとんどの場合、この負担は住宅所有者自身にかかり、通常、最も早く応答し、最も速く仕事を遂行する能力を持っている樹木会社がその任務を与えられます。 多くの場合、木が家の屋根に落ちた場合、除去を行うためにクレーンが必要になります。 この種の樹木除去には、フルスタッフのクレーンオペレーターと独自のクレーンを備えた樹木会社が最適です。

木が家から落ちた場合、外が暗い午前3時に雨が降っていない限り、通常は発生から数時間以内に作業が実行されます。 この場合、通常、防水シートが家に置かれるか、損傷した家の部分が日中まで夜の間遮断されます。 その日の朝日が昇ると、見積もりと緊急ツリーの作業が完了します。 日中は緊急樹木の除去を行う方がはるかに安全です。 多くの緊急樹木除去シナリオがあり、地元の樹木除去会社が顧客にすぐに利用できます。 倒木が家から取り除かれると、請負業者は全体を屋根に固定して囲みます。 全体を屋根に固定することは別の請負業者によって完了され、木の除去とは別で​​す。

それで、私の家に落ちたのが私の隣人の木だったとしたら、誰が責任を負いますか? 隣人はお互いに良い関係を保ちたいので、これは厄介な状況になる可能性があります。 技術的には、人の所有物に落ちた木の部分は、個人の責任です。 したがって、立っているときに元々誰の木であったかは関係ありません。 そもそもそれが彼らのツリーであった場合、あなたの隣人が責任を負う可能性があるシナリオが1つあります。 それは、隣人が誰かに言われた後、彼らの財産から危険な木を取り除くことを怠り、拒否または拒否された場合です。 そうすれば、負担が彼らにかかる可能性があります。 倒木が置かれる特性は、一般的に誰がクリーンアップの責任を負うかを決定します。

緊急樹木作業のように複雑な操作を実行するには、樹木サービスに適切な専門知識と設備が必要です。 大嵐がワシントンDCの大都市圏を襲い、大きな樹木に被害を与えたことが何度もありました。 樹木サービス産業は世界で最も危険な産業の1つであることが知られています。 認可された、完全に保険をかけられたプロのツリーサービスを雇うことは絶対に必要です。 樹木サービス事業では、人命が失われ、毎日大きな怪我を負っています。 仕事を安全に完了することができる、評判が良く、経験豊富で、設備の整った会社を雇うことが優先事項です。

JLツリーサービス-ツリーの削除